小田原城に隣接する報徳二宮神社。各種御祈願、伝統と格式ある本物の神前式挙式を承っております。

安産祈願(戌の日)

安産祈願オンライン事前申込
安産の御祈願は、懐妊5ヶ月の戌の日を選んで、「寿」の文字や「祈願」の文字を入れたりした紅白の布を妊婦に着せるもので、着帯ともいわれています。戌の日を選ぶのは、犬は安産であり、出産児の健全であるのにあやかろうとするためといわれています。この着帯は、妊婦の腹部を保温し、胎児の転位を防ぎ、妊婦の動作を軽快にするなど、医学的にも合理性があります。
新しい生命が胎内に宿ることを両親はもとより、親戚縁者もこれを喜び、胎児の健全な発育を願い安産を祈る気持ちは、今も昔も変わるものではありません。みなさんで報徳二宮神社をお参りして、懐妊を奉告し、安産を祈願しましょう。
腹帯、または布等(コルセット)をお持ちいただければ神社の印をお押し、お祓い、ご祈願の後お渡しいたします。

戌の日

犬(戌)は、多産でありながらお産が極めて軽いということから、昔から安産の守り神として愛されてきました。ただ地方によっては「酉の日」に同じように帯祝いを行うところもあります。5ヶ月目というのも地方によっては9ヶ月目であったりと違いがあるようです。でも、習慣や風習に違いがあっても安産を願う気持ちに変わりはありません。

皇室においても安産を願う帯祝いは、5ヶ月目の最初の大安の日に帯の御祓いをし、戌の日に「内着帯の儀」がおこなわれます。そして9ヶ月目の戌の日に「着帯の儀」が執りおこなわれます。

安産祈願の仕方

お申込方法: ホームページからのオンライン事前申込、または体調にあわせ直接、社務所へお越しください。戌の日以外でも安産のご祈願は可能です。
※ 車でお越しの際は、報徳二宮神社駐車場が無料にてご利用いただけます。ご来社の際、駐車場係りへ安産祈願の旨お申し付けください。尚、土日祝日や大安の日等、大変混雑する場合もございます。満車の場合には近隣の有料駐車場へご案内させていただくお日にち・お時間帯もございます。ご了承くださいませ。
時間: 午前9:00〜午後4:30
祈祷料: 決まりなし(ご裁量で頂戴しております)
※ 報徳二宮神社では、どなたでもご祈願いただけるように、特に○○円以上といった祈祷料は定めておりません。尚、徹下品(神社からのお札や記念品)につきましては皆様の祈祷料により内容は異なります。予めご了承くださいませ。
腹帯について: 腹帯の授与はご祈願料1万円以上お納めいただきます。 尚、コルセット等をお持ちいただければ神社印を押しお祓いいたします。

安産祈願記念品

岩田帯

岩田帯(いわたおび)

祈願料 1万円以上お納めいただきます
・祈祷木札(箱)・さらし帯(半反)

さらしはガーゼやハンカチとしてもご利用いただけます。
ご家庭でご自由にお使いください。


祈祷木札(左より 特大/大/箱/中/小)

左より、御神酒(1升)・乾物(大中小)

※正月期間は記念品が異なる場合がございます。


祈祷木札の種類と記念品(左より) ※祈願料3万円以上より神楽を奉納いたします。
祈願料 お札の種類 大きさ 撤下品(記念品)
5万円以上 祈祷木札(特大) 52cm 岩田帯・御神酒・乾物(大)・福箸
2万円以上 祈祷木札(大) 39cm 岩田帯・乾物(大)・福箸
1万円以上 祈祷木札(箱) 30cm 岩田帯・乾物(中)・福箸
5千円以上 祈祷木札(中) 30cm 乾物(中)・福箸
3千円以上 祈祷木札(小) 24cm 乾物(小)・福箸

妊婦さん向けのワークショップも開催しています(杜のひろば)


5/11(木)・5/23(火)開催 初めてのごはん「木製スプーン作り」

生まれてくる赤ちゃんへ。

大切なわが子の「はじめてのごはん」のために、ご両親お手製のスプーンはいかがですか?
出産が近づけは近づくほど、赤ちゃんのご両親、とりわけ女性は精神的にも肉体的にも不安が募るもの。
そんな時だからこそ、わが子を思ってこのスプーンを手作りするひとときが、
ご自身の気持ちを落ち着かせ、生まれてくるお子さんへの愛情を育む時間となるはずです。

詳細はこちら